人身事故になった場合

人身事故にならないと思われた事故でも、被害者が自宅に戻ってから体の調子が成ったり急変するという事も考えられます。怪我がないと思っても、時間がたってから症状が出てくるという事もあるので、体に支障がないと思っても、痛いところなどがある場合には、医師に診てもらう方が安心です。

病院で医師に診てもらうことで、医師の診断書をもらうことができますし、医師の診断書があれば物損事故としての交通事故も、人身事故として後から警察に対応してもらうことができます。

物損事故から人身事故となると別に現場検証が必要になりますし、事故証明の種別が人身事故に切り替わります。これを行っておかないと、後から補償という面で困ることになるので、保険対応を行うためにも病院へ行ったら診断書をもらい、警察に届け出を行って、人身事故対応にしてもらいましょう。

交通事故は命を失う事もありますし、重大な障害を残すこともあります。また簡単な事故でも、のちに裁判にまで発展するトラブルとなる可能性も秘めているので、証拠をしっかり取っておくという事、もしも目撃者が近くにいるようなら連絡先などを聞いておき、後に連絡が取れるようにしておくことなど、頑張って行いましょう。

保険会社に連絡

交通事故にあったら、加入している任意保険の会社に連絡し、担当の方に対応してもあることが必要です。自賠責保険のほかに任意保険に加入されていると思いますが、もし今、加入されていないという事なら、加入しておくことをお勧めします。

任意保険は保険料が高くなるので、加入されていないという方もいますが、事故を起こした場合、自賠責保険の保険会社は示談交渉などを行ってくれません。自賠責保険はあくまでも、交通事故被害者の救済という事で作られている強制保険です。

そのため、任意保険に加入していない場合、加害者から依頼があっても保険会社は動きませんし、示談交渉は自分で行うことになります。勿論補償についても、自賠責保険は被害者の方に対して補償されるもので、自分への補償もありません。

交通事故の際、保険会社の方が動いてくれる場合と、動いてくれない場合、事故の過失割合が事実に基づいて行われないなど、被害者なのに本当に嫌な思いをします。交通事故による体の怪我、また精神的な損害賠償については補償がありますが、もしもそれ以上に怪我をした場合など、また相手が任意保険に加入していない、最悪無保険という場合でも、任意保険に加入しておくことが大切です。

出来れば現場の状況確認を

被害者でも怪我がない、また怪我をしていても軽傷という場合、事故現場の記録をとっておくことをお勧めします。勿論警察が現場検証を行いますが、事故にあった時、今しか記憶していない事もあります。事故から時間が経過すると、のちに忘れてしまう事もありますので、できれば事故の現場記録を残しておきましょう。

例えば事故車両の現状です。衝突したのはどこなのか、自分の負傷箇所はどこなのか、そのほか破損している所はないか、事故直後、周囲の状況はどうなのか、もし可能ならスマートフォンなどを利用して、事故現場を撮影しておくといいでしょう。

信号の状態はどうでしょうか、また優先道路となるのはどちらになるでしょうか。さらに担当となる所属警察署、事故の現場に来てくれた担当警察官、加害者の車両ナンバーや所有者の住所なども確認し、自賠責保険についてもお互いに確認すべきです。

事故に遭うと気が動転してしまい、頭が真っ白になって後から思い出せないという事もあります。怪我をされている場合こうしたことは出来ませんが、同乗者が怪我をしていない状況なら、その場の状況を依頼できるようなら確認してもらい、撮影などしてもらっておくと、加害者、被害者でもめた時などに役だちます。

交通事故の被害者になったら

交通事故にあったらという事は、誰もが考えたくない事ですし、被害者にも加害者にもなりたいと思う人は一人もいません。でも交通事故はどんなに運転に気を付けていても起こってしまうことで、被害者にも加害者にもなりえるのです。

もしも交通事故の被害者になったら?大けがをしたら?もしも家族を残して死ぬようなことがあったら?こうしたことは考えたくない事ですが、もしもの時に困ることが無いように、また家族がその対応に迷わないように、交通事故被害者になった時にすべきことを考えておきましょう。

基本的には交通事故被害者になりトラブルに発展しそうな場合には弁護士に依頼する方が安心ですし、最近はこうした時に対応できる自動車保険の特約として、弁護士特約などもありますので、契約しておく方がいいでしょう。

交通事故にあった時、被害者であっても加害者であってもまずは警察に連絡する事が必須です。警察への連絡について、加害者が行うことが通常ですが、加害者、被害者がどっちなのか判断できない事もあるので、どちらが連絡するという事ではなく、自分が連絡するという気持ちを持ちましょう。

人身事故ではない場合、相手の加害者となる人が警察に届け出したくないという事もあります。でも、絶対に警察に連絡します。のちに責任逃れされたり、人身となった場合に、問題が大きくなることがあります。当サイトは交通事故の被害者になった時、どういった対応をすべきなのかお知らせします。当サイトが皆様のお力になれたら幸です。