出来れば現場の状況確認を

被害者でも怪我がない、また怪我をしていても軽傷という場合、事故現場の記録をとっておくことをお勧めします。勿論警察が現場検証を行いますが、事故にあった時、今しか記憶していない事もあります。事故から時間が経過すると、のちに忘れてしまう事もありますので、できれば事故の現場記録を残しておきましょう。

例えば事故車両の現状です。衝突したのはどこなのか、自分の負傷箇所はどこなのか、そのほか破損している所はないか、事故直後、周囲の状況はどうなのか、もし可能ならスマートフォンなどを利用して、事故現場を撮影しておくといいでしょう。

信号の状態はどうでしょうか、また優先道路となるのはどちらになるでしょうか。さらに担当となる所属警察署、事故の現場に来てくれた担当警察官、加害者の車両ナンバーや所有者の住所なども確認し、自賠責保険についてもお互いに確認すべきです。

事故に遭うと気が動転してしまい、頭が真っ白になって後から思い出せないという事もあります。怪我をされている場合こうしたことは出来ませんが、同乗者が怪我をしていない状況なら、その場の状況を依頼できるようなら確認してもらい、撮影などしてもらっておくと、加害者、被害者でもめた時などに役だちます。