人身事故にならないと思われた事故でも、被害者が自宅に戻ってから体の調子が成ったり急変するという事も考えられます。怪我がないと思っても、時間がたってから症状が出てくるという事もあるので、体に支障がないと思っても、痛いところなどがある場合には、医師に診てもらう方が安心です。

病院で医師に診てもらうことで、医師の診断書をもらうことができますし、医師の診断書があれば物損事故としての交通事故も、人身事故として後から警察に対応してもらうことができます。

物損事故から人身事故となると別に現場検証が必要になりますし、事故証明の種別が人身事故に切り替わります。これを行っておかないと、後から補償という面で困ることになるので、保険対応を行うためにも病院へ行ったら診断書をもらい、警察に届け出を行って、人身事故対応にしてもらいましょう。

交通事故は命を失う事もありますし、重大な障害を残すこともあります。また簡単な事故でも、のちに裁判にまで発展するトラブルとなる可能性も秘めているので、証拠をしっかり取っておくという事、もしも目撃者が近くにいるようなら連絡先などを聞いておき、後に連絡が取れるようにしておくことなど、頑張って行いましょう。