交通事故にあったらという事は、誰もが考えたくない事ですし、被害者にも加害者にもなりたいと思う人は一人もいません。でも交通事故はどんなに運転に気を付けていても起こってしまうことで、被害者にも加害者にもなりえるのです。

もしも交通事故の被害者になったら?大けがをしたら?もしも家族を残して死ぬようなことがあったら?こうしたことは考えたくない事ですが、もしもの時に困ることが無いように、また家族がその対応に迷わないように、交通事故被害者になった時にすべきことを考えておきましょう。

基本的には交通事故被害者になりトラブルに発展しそうな場合には弁護士に依頼する方が安心ですし、最近はこうした時に対応できる自動車保険の特約として、弁護士特約などもありますので、契約しておく方がいいでしょう。

交通事故にあった時、被害者であっても加害者であってもまずは警察に連絡する事が必須です。警察への連絡について、加害者が行うことが通常ですが、加害者、被害者がどっちなのか判断できない事もあるので、どちらが連絡するという事ではなく、自分が連絡するという気持ちを持ちましょう。

人身事故ではない場合、相手の加害者となる人が警察に届け出したくないという事もあります。でも、絶対に警察に連絡します。のちに責任逃れされたり、人身となった場合に、問題が大きくなることがあります。当サイトは交通事故の被害者になった時、どういった対応をすべきなのかお知らせします。当サイトが皆様のお力になれたら幸です。